Webノートデス

ウェブマスターツールの新しい重要メッセージImprove the search presence of ~

      2014/11/20


Googleウェブマスターツールに新しいサイトを登録すると、新しい重要メッセージに「Improve the search presence of +URL」という表示がでます。

サイトの検索プレゼンスを向上させるって意味みたいですけど、クリックするとこんなやつが表示されます↓

Googleウェブマスターツールに登録する」の記事にも書きましたが、英語でわかりにくいです。じゃまなメッセージは削除すればいいのかもしれませんが、ある程度は理解しておかないと気分が悪いですよね。

翻訳したりしながらなんとか設定したのでまとめてみました。

Set up your Webmaster Tools account now:

ますは冒頭の文章を翻訳。

Googleのシステムでは、最近、ウェブマスターツールでサイトを検証した(またはBloggerのか、これを自動的に行いGoogleサイトでサイトを作成した)ことを示している。私たちは、あなたがこの無料サービスのほとんどを取得し、Google検索であなたのサイトのパフォーマンスを最大化するのに役立ついくつかのヒントを持っている。
ウェブマスターツールは、現在のアカウントに設定します

 

よくわかりませんが設定を進めます。

1、Add all your website versions

翻訳は、

すべてのあなたのウェブサイトのバージョンを追加
あなたは「WWW」とあなたのサイトのための「非WWW」の両方のバージョンを追加していることを確認してください。 HTTPSプロトコルを使用する場合も、同様にそれらのバリエーションを追加します。

 

ようするに、サイトのURLにWWWが付いたものと付いていないものを登録しようという意味のようです。中古ドメイン使用時などはリンクのついている方のドメインに固定する必要がありますが、新規サイトではそんな必要は無いし、余計な知識も最初は不要なのでさっさと設定します。

まずは設定したいサイトを選択して右上のメニューから「サイトの設定」をクリック。

デフォルトで以下の設定なっているのでそのままでOK。

?2、Select your preferred version

翻訳は、

ご希望のバージョンを選択
あなたがやGoogle検索で「WWW」なしで表示するにはあなたのサイトかどうかを選択します。

 

WWW有りと無しのどちらを優先するかという意味らしいです。

ここも「Set?preferred version」のボタンをクリックすると、Add all your website versionsの設定と同じ画面に飛ぶので、通常はデフォルトでOK。

3、Select target country

翻訳は、

セレクト対象国
あなたのサイトが特定の国のユーザーをターゲットにしている場合、あなたの地理的な好みを設定してください。

 

ここは国を選べばいいということ。「Ceoose country」をクリック。

「ターゲットユーザーの地域」にチェックを入れて、日本を選択して保存。

4、Share access with co-workers

翻訳は、

同僚と共有アクセス
あなたは他の人があなたのレポートにアクセスする場合は、異なるアクセスレベルを追加することができます。

 

共有についての設定ですが、一人でサイトを運用する場合ここは関係無し。いじらなくてOK。

5、Submit a sitemap file

翻訳は、

サイトマップファイルを提出
これは、Googleがより良いサイトをクロールする方法を理解するのに役立ちます。

 

ようやく意味の分かる翻訳。サイトマップを送信すればOKですが、All in One SEO Packの設定もあるので詳細は別記事で説明したいと思います。

All in One SEO PackのXML Sitemap設定

Googleウェブマスターツールの表記

ウェブマスターツールは英語表記が多いうえに、文言がわかりにくくてストレスが大きいです。

メールに送信されるメッセージは日本語表記に設定できたのですが…使い方が間違っているのか?

 - ウェブマスターツール

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Googleウェブマスターツールに登録する

Googleウェブマスターツールに自分が運営するサイトやブログを登録すると、何か …