スポンサーリンク

ポケモンGO|2018年12月のコミュニティデイの結果は?

ポケモンGO、今年の総決算とも言える12月のコミュニティデイ。

ポケモンGO|12月のコミュニティデイ復帰勢にとって神イベント」の記事で書いたとおり数値目標を決めてポケモン捕獲に挑んだわけですが、開催前はどのポケモンがどの程度の湧きになるのか見当がつきません。

イーブイとピカチュウのみ大量発生なんていうことになったらどうしよう、という心配もあったのですが、全体的に各ポケモンの出現は平均的なイメージで、私が目的としていたヨーギラスとダンバルも数多く出現し、非常に充実したイベントとなりました。

設定した目標通りとは行きませんでしたが、今回のコミュニティデイのプレイ状況と、結果をまとめてみましたというお話。

スポンサーリンク

2018年12月のコミュニティデイ

おさらいになりますが、今回のコミュニティデイで出現率がアップするポケモンは、今年1月から11月のコミュニティディで対象となった、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ、ピカチュウ、イーブイ、ミニリュウ、チコリータ、ヒノアラシ、メリープ、ヨーギラス、ダンバルの11種類。

この中で私がメインに狙ったのがヨーギラスとダンバル。

実際のプレイ状況と、捕獲&進化したポケモンを以下にまとめてみました。

コミュニティ中のプレイ状況

約2日半の開催でしたが、プレイした時間はトータルで10時間くらいだったでしょうか。

なかなかまとまった時間は取れませんでしたが、日曜の12時から15時にボーナスタイムはしっかりプレイできました。

プレイ場所はポケストップが6個ある公園をメインとして、30分以上の時間があるときはルアーモジュールとおこうを積極的に使いました。

復帰以来使ったことがなかったアイテムですが、使うタイミングはここ一択で間違いないでしょう。

最初はヨーギラス捕獲時のみパイルのみを使っていましたが、思った以上にパイルのみが減らない状況でしたので、中盤からはダンバルにもパイルのみを使用しました。

アイテムとポケモンボックスの容量が少なかったので、やりくりは結構大変でした。

夜はポケモン捕獲に行けるタイミングもなかったですから、スキマ時間を利用してボックスの整理と子供とのポケモン交換を楽しみました。

ポケモン捕獲状況

フシギダネ

私の中での欲しいランキング5位のフシギダネ。

ハードプラントのフシギダネが1体は欲しいという目標でしたが、結果的に2体進化することができました。

色違いも1体捕獲しましたが、これは進化させずにとっておきました。

進化するさせるのはなるべく高個体値&高レベルがベストですので、色違いとはいえ個体値の低いCP529のフシギダネはさすがに進化させる気は起きませんでした。

 

技1は2体ともつるのムチ。

個体値は2体ともそんなに良くないんですが、即戦力を狙ってできるだけ高レベルの個体を進化させました。

ヒトカゲ

ヒトカゲは欲しいランキング4位ですので、ブラストバーン持ちを1体と言わず2、3体欲しかったというのが本音でしたが、結果的に進化させたのは1体のみでした。

 

個体値とポケモンレベル(以下PL)が高いレベルで揃っている個体がほとんど捕獲できずに、結局進化したのは1体、技1はほのうのうずでした。

色違いも1体捕まえたんですが、CP63ではとても進化はできません。

アメに余裕があっただけに、高個体値を捕獲できなかったのは悔やまれます。

ゼニガメ

ゼニガメはバトルで使えそうにないということでランク外、捕獲率も低くて邪魔な存在といっても良いんですが、出現するとかわいいのでやっぱりボール投げちゃいます。

実はコミュニテイデイスタート時にはまだゼニガメは1体も捕獲していない状態、あめがゼロということですので、積極的に捕まえないと1体も進化できない状況でしたが、別にハイドロカノン持ちが必要とも思いませんでしたので、結果的にあめが125個を超えたら進化させるくらいのイメージ。

というわけでそこそ個体値とPLの高い1体を進化させました。技1はかみつく。

色違いは1体捕獲もCP169…ネタでこっちを進化させても良かったかもしれませんね。

ピカチュウ

これはもう何と言っていいのかわかりませんが、今回のイベント中では全く必要性を感じませんでしたので捕獲すら躊躇いました。

なみのりを1体キープしましたけどおそらく使い道はないでしょう。

コレクション要素はありますが個人的には興味が無いですし、捕獲率も低くてボールと時間の損失のほうが大きかったのでできる限り無視しました。

そんなわけで色違いもゲット出来ていません。

イーブイ

欲しいランキングでは6位にしたイーブイですが、進化先が複数あるので高個体値を多くゲットしたいというのが本音で、限定技のとっておきは必要ありません。

そういうわけでこのイベント中にイーブイを大量に捕獲する理由はなくて、高個体が捕まえられればラッキー程度のイメージでした。

私の環境では出現数が思ったより多くなく、今回のイベントでは進化させたくなるような個体は捕獲できませんでしたし、色違いもゲットできませんでした。

しかしながら、このタイミングでセレビィのスペシャルリサーチのタスクでイーブイを進化させてしまい、技2がとっておきになってしまいましたが使えるのか…図鑑埋めができただけで良しとするしか無いですね。

ミニリュウ

ランキング3位のミニリュウですが、今回覚える限定技のりゅうせいぐんは必要なしと判断。

今回は進化はせずにあめ集めに集中しました。

とはいってもパイルのみはヨーギラスとダンバルをメインに使ったので、その2体ほどあめは集められませんでしたが、最終的には500個を超えるあめを確保しました。

色違いも1体捕獲できましたが、やっぱりCP183の低個体値。この色違いだけ進化させようかとも考えましたがやめておきました。

ミニリュウに関しては高個体値&高PLの個体がゲットできませんでしたので、気長に良い個体のミニリュウを捕まえるまでカイリュー進化は待とうと思っています。

リリース直後にプレイした人にとっては、やっぱりミニリュウ(カイリュー)は特別な存在ですね。

チコリータ

チコリータはランキング外ですので、メガニウム1体確保できればOK。

今回の進化技はハードプラントでフシギバナとかぶっていますので、種族値が上のフシギバナが作れればメガニウムのハードプラント持ちは作らなくてもよいと判断しました。

色違いは1体ゲットできましたが、進化させませんでした。いずれ図鑑埋めに進化させようと思っています。

ヒノアラシ

ヒノアラシは11月のコミュニティデイですでにゲット済み。

ブラストバーン持ちバクフーンを色違い含めて2体持っていますので、今回はほとんど無視しました。

メリープ

メリープも使い道がよくわかんないので、とにかく図鑑埋めにデンリュウ1体分のあめ確保でOKでしたが、色違いがかわいいのでけっこう探したんですが出会うことができずに終了。

1体デンリュウに進化させて終了でした。

ヨーギラス

ランキング1位、今回メインの捕獲対象だったヨーギラス。

パイルのみも最大限に利用してとにかく捕獲しまくりました。

肝心のバンギラスへの進化ですが、うちおとす6体作るのが目標でしたが冷静に考えると本当にそれでいいのかと迷いが出ました。

バンギラス6体進化に必要なあめは確保できましたが、全部進化させたら強化する際にあめが不足するのは明白。

そもそもうちおとすバンギが6体必要かと言われると、おそらくそんな場面は無いと思われます。

三鳥のレイドバトルでは大活躍したらしいですが、今後そのような状況になるとは思えません。

そんなこんなでいろいろと迷ったのですが、結局は初志貫徹ということで6体をバンギラスに進化しました。

子供と交換してキラポケモンを入手できたこともありますが、そこそこの個体値のバンギラスがゲットできたのはラッキーでした。

無駄になる可能性もありますが、そんな無駄も含めて楽しむのがゲームの一部と考えています。

ダンバル

ランキング2位のダンバルは、コメットパンチとそれ以外の技では格差が大きいのでここで進化する必要性大です。

6体揃える必要性は感じませんでしたが、元々好きなポケモンなので少しでも多くゲットすることを心がけました。

冒頭に書いたように、途中からパイルのみも積極的に使用して、子供と交換も行いました。

なかなか良い個体値に恵まれませんでしたが、キラポケモンも含めて4体メタグロスに進化させました。

PLが低いものも混じっていますが、いずれ強化するイメージで確保しておきました。

とにかくコメットパンチ確保が最優先ということですが、この作戦が吉と出るかどうかはわかんないですね。

まとめ

ポケモンGO、2018年の12月のコミュニティデイは以上のような感じで終わりました。

最初に目標としていた項目は達成できたのですが、前述したようにはたしてこのタイミングでうちおとすを覚えたバンギラスを進化させる必要があったのか?

実際に非常に迷いましたけど、変な達成感があることも確かです。

ゲームですから自分が思ったようにプレイすればいいと思いますし、結果的に裏目にでてしまったとしても、それもゲームの醍醐味の一つですからね。

というわけで新規、復帰勢救済ともいえる今回のコミュニティデイでしたが、今月のフィールドリサーチの大発見も三鳥と三犬の復刻という、これも新規、復帰勢救済イベントと言ってもいいでしょう。

矢継ぎ早に様々なイベントが続いてついていけてないんですが、リリース当初に比べて楽しみが多いので、今になって復帰する人が増えているというのは理解できるような気がしています。

スポンサーリンク

GIMP

Posted by LL