スポンサーリンク

ポケモンGOの「いつでも冒険モード」が復帰勢には嬉しかった件

ポケモンGOの「いつでも冒険モード」が実装されていますが、開始したのが確か11月の2日だったと記憶しています。

私がポケモンGOに復帰したのが11月1日でしたから、復帰した翌日にいつでも冒険モードが実装されたわけですが、その頃は復帰前から変化したことについていくのが精一杯でしたので、どんな機能かもよく把握していなかったというのが本当のところです。

復帰してから10日以上経過して、現状のポケモンGOの仕組みがわかりかけてきたところですが、いつでも冒険モードは特に有用な機能ではないかということで、復帰勢から見たこの機能のことをまとめてみました。

スポンサーリンク

ポケモンGOの|いつでも冒険モード

ポケモンGOリリース当初の回顧

まずはいつでも冒険モードの実装を受けて、ポケモンGOリリース当初の状況を回顧してみます。

とはいってもかなり記憶は曖昧ですが、とにかくリリース当初は歩行距離の判定は甘かった記憶があります。

覚えている人も多いでしょうが、ポケモンGOはリリース当初の人気も話題になりましたが、反面車を運転しながらのプレイが横行して、その点についても社会問題になりました。

運営側も当然対策を行ったわけですが、そのたびに歩行距離の判定は厳しくなり、実際は歩いているのに狭い範囲で行動している場合は全く距離が加算されないということもあったような気がします。

私が復帰したときもこの傾向は変わっていないように思いましたし、タマゴ孵化のための歩行距離加算には、実際にウォーキングするのが一番効率が良いと思いました。

車での移動でも多少は距離が加算されますけどね。

それが今回実装されたいつでも冒険モードで、環境が一変したといっても過言ではありません。

いつでも冒険モードとは

攻略サイトがたくさんある中でここでいつでも冒険モードを詳細を語ってもとは思いますが、簡単に言うとiOS端末なら「ヘルスケア」、Androidなら「Google Fit」というフィットネスアプリと連携しして、ポケモンGOのアプリを起動していなくても歩行距離が加算される機能です。

詳しいことは攻略サイトを参照してもらえばわかりますが、とにかく変わったのは今までよりも距離が稼げるようになったこと。

行動環境は個人差がありますが、私の場合は仕事中にスマートフォンを携帯していても、移動範囲が狭いので従来ならば歩行距離はほとんど稼げなかったんですが、今回のいつでも冒険モード実装で明らかに違いが表示ました。

原理的には、フィットネスアプリと連携しているわけですから万歩計のように振動で歩行距離がカウントされるということでしょうし、実際に移動距離自体は少なくても近距離での歩行を伴うような作業を行った場合に、かなりの歩行距離がカウントされました。

歩行数カウントについてはアップデートもある可能性がありますが、今回実装したもについては今までよりも多くの歩行距離をカウントできるのは間違いないようです。

あくまでも私の環境でという前提ですが、ほとんどの人が恩恵を受けられているんではないでしょうか。

歩行距離に応じてもらえるリワード(報酬)について

いつでも冒険モードでは、1週間の歩行距離に応じて報酬がもらえます。

5km、25km、50kmごとに報酬が加算されていくようですが、報酬の詳細は、5kmがモンスターボール20個固定、25kmがスーパーボール10個と、「ほしのすな」、「ふしぎなあめ」、「5kmタマゴ」などのアイテムのいずれか1つをランダムでもらえるようです。

50キロメートルになると「10kmタマゴ」が出てくる可能性もあり、この10kmタマゴから高確率でリオルが生まれると話題になっているようです。

ここで注意点ですが、リワードを受け取る時点でタマゴが9個満タン状態だとタマゴは受け取れないようですので、空きを作っておく必要があります。

空きを作るということであれば、リワードを受け取るタイミングは知って置かなくてはいけません。

これに関しては月曜日の午前9時がリワード受け取りのタイミングのようで、私も同時刻にチェックしたところ報酬を受け取ることができました。

今後もレアポケモン孵化の可能性が高いということならば、このタイミングで事前にタマゴの空きを作るという作業が必要になるかもしれません。

まとめ

11月2日より実装されたいつでも冒険モードですが、復帰以来10日ほどしかプレイしていない状態で偉そうなことは言えないですけど、個人的に理解できたことと所感をまとめてみました。

一言で言うと、動けば動くほど距離が加算されるのでタマゴの孵化は捗る、そしてポケモンGOのアプリは起動しなくても機能するので、煩わしさがないというのがメリットと言えます。

バッテリーの消費も抑えられるでしょうね。

忙しいとタマゴが孵化したことに気づかないということも多々あリましたが、これはこれでしかなないという感じです。

リワードを受け取れるということで、1週間に50kmという明確な目標ができるのもいいですね。

今期間はヒノアラシデイで結構歩いたので距離は稼げましたが、普段の生活の中で週50kmが達成できるのかは微妙ですね。

あまりこだわると時間の無駄になるので、自分ができる範囲でプレイしようと考えてますが、レアポケモンのタマゴがゲットできるとすれば意識せざるを得ませんけどね。

いずれにしろ、私がポケモンGOを再開した理由の一つには、ウォーキングのお供に使うということもあるので、これに関して今回のアップデートはありがたかったです。

体を動かす意識付けって簡単じゃないんですけど、ゲーム目的だと結構頑張れるって我ながら面白いと思います。

スポンサーリンク

ポケモンGO

Posted by LL