Webノートデス

ワードプレスの記事をツイッターにランダム投稿したくてやったこと

   

ワードプレスの記事をツイッターに投稿すればちょっとアクセスが増えるんじゃね?なんて軽い思いつきなんですが、過去記事をツイートするのはどうすりゃいいんだ?と試行錯誤したときのお話。

「ワードプレス ツイッター ランダム投稿」で検索

さっそく検索窓に「ワードプレス ツイッター ランダム投稿」と入力。このときは頭から3つ「NETAONE」さんの記事が並んでいました。スゲーなと思つつチェック。

 

一番上にあった記事が上の記事。「Tweet old post」というプラグインのレビュー記事ですが、”この記事は情報が古くなっています”との記述あり。

なんでもTweet old postは「Revive Old Post」と名を変えて開発が進められているとか。Revive Old Postについての記事もNETAONEで書いてあるようでリンクが貼られていました↓

 

リンク先の記事ですが、先ほど検索したときの順位2位の記事がこれ。検索ユーザー的にはこちらの記事のほうが有用でしょうが、なぜか順位は下ですからグーグルの評価はよくわかりません。
そんなことよりこのRevive Old Postの使い方は、この記事を見ればほぼOKでしょう。検索でもう一つ気になったプラグインがこれ↓

 

検索順位3位でまたNETAONEの記事ですが、「Tweetily」というプラグインのレビュー記事になります。
Revive Old PostよりもこちらのTweetilyがお勧めと書いてあったので、素直にTweetilyをインストールすることに・・・

「お使いのバージョンの WordPress ではテストされていません」というのが気になる

ワードプレスのプラグイン新規追加から「Tweetily」と検索。

「お使いのバージョンの WordPress ではテストされていません」というのはともかく、最終更新が2年前ってどうよ?それでRevive Old Postについても検索してみると、

こちらは「お使いの WordPress のバージョンと互換性があります」で更新も最近。こっちのほうがいいのかな?って考えますよね・・・

それでRevive Old Postのことをいろいろ調べてたんですけど、Pro版(有料のことですよね?)だと画像も一緒にツイートできるらしいです。それはカッコいいなと思い無料で同じことが出来るプラグインは無いかと探してみました。

「ワードプレス ツイッター ランダム投稿 画像付き」で検索

ワードプレス ツイッター ランダム投稿 画像付き」で検索し、いろいろと調べて一番気になったのがこの記事↓

 

検索順位が11位ということで見逃してしまうところでしたが、一番イメージした機能に近いプラグインという気がします。

検索上位の記事では「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」というプラグインの紹介がいくつかありましたが、ランダム投稿が出来ないみたいですし、設定もめんどくさそう・・・

Buffer My Postをプラグイン検索してみると、

ワードプレスの最新バージョンには対応できてませんが、使えそうなんで試してみることにしました。

Buffer My Postの導入

参考にしたサイトはコチラ↓

 

上のサイト以外でもBuffer My Postの使い方を説明してくれているサイトはたくさんあって、どれを参考にしても良いと思うのですが、「Buffer App Access Token」というのを取得するページにアクセスしたときに、ログインを求められてびっくり。

こんな画面が出たので右上の「Sign in with Twitter」をクリック。

ツイッターのアカウントで使っているメールアドレスとパスワードを入力して「連携アプリを認証」をクリック。


ログイン」をクリック。この状態からはじめればわかりやすいと思います。

あとワードプレス側の設定が終了してから、

Post Now」をクリックしてBuffer側で確認。ちゃんと設定できてるようなので作業終了としました。

まとめ

なんだかんだ時間がかかりましたが、画像付きでツイッターにランダム投稿するという目的は達成できました。
設定に関しては細かく触れていませんが、ブログのクオリティで違ってくると思うのであえて省きました。記事数が少ないのにしょっちゅう過去記事投稿しても、同じ記事が多くなってウザイでしょうし、バランスよく設定するのが大事だと思います。
そういう私もこれからベストの設定を探っていこうと思っていますが、何よりもブログをもっと充実させないといけないし、ツイッターのフォロワーも増やさないと意味無いよな・・・
ちなみにこのブログの記事はツイッターに投稿する予定はいまのところございません。

 - SNS, WordPress プラグイン

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Crayon Syntax Highlighterでソースコードを表示するとカッコいい

前記事の「ブログの動画をスマホで見たら幅がでかすぎて困った話」でCSSの記述をし …

記事タイトルの後ろにサイトタイトルを表示しない設定方法

記事タイトルの後ろにサイトタイトルが表示されてしまうのは嫌? All in On …

WPXユーザーにおすすめ|ShortPixel Image Optimiserで画像圧縮

「画像に適切なフォーマットと圧縮を選ぶことで、データ サイズを大きく削減できます …

All In One WP Security & Firewallでワードプレスのセキュリティ強化

このブログも立ち上げて数ヶ月が経過、まだ記事数も少ないですがポツポツとコメントが …

初心者がAll in One SEO Packを使う時の設定はどうする?

ブログやサイト運営をやっていく中で、検索経由のアクセスアップを狙うならばSEOは …

FasebookページのURLを変更する方法

Fasebookは数年前にアカウントを作成してましたが、今までまったく使うことは …

ワードプレスにFacebookのPage Pluginを設置したときの備忘録

ワードプレスにFacebookのPage Pluginを設置 このブログではない …

Crazy Lazyの使い方|画像読み込み遅延プラグインは数あれど…

「画像に適切なフォーマットと圧縮を選ぶことで、データ サイズを大きく削減できます …

Browser Shotsのサムネイルが縦長になっちゃった

Browser Shotsについてはワードプレスでサムネイル付きリンクを表示する …

All in One SEO PackのXML Sitemap設定

Googleウェブマスターツールにサイトを登録したら、サイトマップを送信します。 …